コロナワクチン接種済で隔離免除!!弊社だけのポケットWi-Fi&日本テレビ視聴アプリの特典付でとってもお得☆

【重要】コロナ禍でのタイ渡航について(2022年4月29日更新)

  • HOME »
  • 【重要】コロナ禍でのタイ渡航について(2022年4月29日更新)

 

お得な特典

ポケットWi-Fi

隔離期間中にネットが不安定では困ります。隔離期間中に無制限で利用できるポケットWi-Fiを無料でお付けします!

❷日本のテレビ・映画が視聴できるサービスの提供

入国時からポケットWi-Fiとセットでご提供!

24時間リアルタイム日本で放送中のテレビ番組をはじめ、その他全60チャンネル+映画の放送がお持ちのスマホ、タブレット、PCから視聴し放題です!

■タイ入国の条件(ガモン病院の方)

○ワクチン接種者(要2回接種)

入国後の隔離緩和(ガモン病院患者さんの場合は以下のようになります)

タイ入国日(0日目)⇨空港からガモン病院に入院して隔離

1日目⇨朝にPCR検査で午後まで隔離(病院内のみ移動可能)

2日目⇨カウンセリング・オペ

__________________________

✖️ワクチン未完了

入国後の隔離緩和(ガモン病院患者さんの場合は以下のようになります)

タイ入国日(0日目)⇨空港からガモン病院に入院して隔離

1日目⇨朝にPCR検査で午後まで隔離(病院内のみ移動可能)

2日目⇨カウンセリング・オペ

3日目 隔離

4日目 隔離

5日目 隔離

隔離(合計5日間)ですが、入院期間中に隔離期間を終えるため通常通りの退院スケジュールになります。

 

■渡航前(72時間以内)のPCR検査及び渡航用陰性証明書の廃止

2022年4月1日以降にタイ入国の方はこのPCR検査及び渡航用陰性証明書の取得は不要となりました。

※陰性証明書の取得が不要になったとはいえ、万が一タイ入国後にコロナ陽性が発覚した場合は要隔離です。

病院への影響、大幅なスケジュール変更、追加費用の発生など問題が大きくなってしまいます。

必ず渡航2日前くらいに自己検査を受けて陰性である事がわかった上で渡航するようお願い致します。

■日本帰国後の移動手段

日本国内の『コロナ水際対策』により、今までは海外から帰国した方はワクチンの有無に関わらず無条件で、空港内コロナ検査が陰性であっても公共の乗り物で帰宅することは禁止されていたため、地方からでタイの往復直行便がない方は東京・大阪・名古屋(発着空港)などで2週間のホテル待機、ハイヤー利用、自家用車、身内のお迎え等を利用して帰宅されていました。

しかし、この帰宅手段が大幅に緩和されました。

日本の空港に到着してからコロナ検査を行い、陰性であればワクチン有無に関わらず”検査から24時間以内”に完結すれば、公共の乗り物を利用して直帰できるようになりました。

これによって、地方の方もそのまま国内線に乗り継いで自宅に帰ることが出来ます。

※公共交通機関の使用は自宅への移動のみです。

■日本帰国後の自宅待機期間の短縮

○ワクチン接種者(要3回接種)は自宅待機(隔離)は免除です。

✖️ワクチン未完了(2回未満)は自宅待機(隔離)は7日間です。

※3日目以降に自主検査で陰性であれば終了になります。

渡航の2週間前に完了できるワクチン接種においては、事情がない限り3回目の接種をおすすめ致します。

■弊社コロナ期間中の渡航の流れとなります。

❶パスポート、GID診断書の準備

❷予約フォームの送信(渡航希望の約2ヶ月以上前)

❸予約金のお支払い(アテンド料金)

❹航空券、海外旅行保険の購入

❺ワクチン接種証明書の取得(海外渡航用)

❻タイランドパス(入国許可QRコード)の取得

❼弊社から共有した書類の印刷

❽印刷した書類に追加でワクチン接種証明書を用意して渡航

アテンド料金、手術費用、宿泊費以外にかかるもの⬇︎

※海外旅行保険は滞在日数に応じて変わります。

タイ渡航後のスケジュール(MTFのSRSの例)

1/27 タイ渡航
バンコクの空港でスタッフと合流し、送迎車にてそのまま病室へ入院(隔離開始)
1/28 朝から1回目のPCR検査のため隔離
1/29 7:00 飲食禁止
10:00 健康診断、採血、浣腸、剃毛、カウンセリング
午後:手術
1/30 入院
1/31 入院
2/1 大陰唇にある血液排出ドレンの抜去
2/2 入院
2/3 膣内固定ガーゼの除去
午後から歩行トレーニング
2/4 入院
2/5 入院(コロナ検査あり)
2/6 午後:退院してホテルに移動
2/7〜
2/15
ダイレーション通院
※帰国1日〜2日前に3回目のPCR検査
※帰国までの間に医師の最終検査
2/16 日本帰国
 

ガモン病院で帰国の72時間前にPCR検査を行って、結果を日本の空港へ提出します。
※日本国内でも空港で唾液による検査を行います。書類提出やPCR検査の結果が出てから外に出られます。

タイ渡航後のスケジュール(FTMの乳房、子宮卵巣摘出の例)

1/27 タイ渡航
バンコクの空港でスタッフと合流し、そのまま病室へ入院(隔離開始)
1/28 朝から1回目のPCR検査(結果が出る夕方まではナースも対面出来ません)
1/29 8:00 飲食禁止
10:00 健康診断、採血、浣腸、剃毛、カウンセリング
午後:手術
1/30 入院
ベットの上で座ったりして体を動かしてください。
1/31 入院
2/1 入院
点滴・尿カテーテル抜去して、歩行可能になる。
2/2 入院
2/3 午後:退院してホテルに移動
2/4 ケア通院
2/6

ケア通院(胸の抜糸)

2/7 最終検査
2/8 日本帰国
  ガモン病院で帰国の72時間前にPCR検査を行って、結果を日本の空港へ提出します。
※日本国内でも空港で唾液による検査を行います。書類提出やPCR検査の結果が出てから外に出られます。

タイ入国のたまに必要な手続きがあるた、遅くとも2ヶ月前までには予約を行ってください。

お気軽にお問い合わせください。

『電話予約フォーム』より日時の予約をして下さい。 TEL 050-5532-6038 ※お電話に出られない場合もございます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © SOPHIA BANGKOK CO., LTD. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.