性別の取扱いの変更申立てに必要なもの

1.性別の取扱いの変更審判申立書

戸籍変更の申請書 / 戸籍変更の申請書(記入例)】⇦クリックでダウンロード

2.精神科医2名からの戸籍変更用診断書(性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律第3条第2項)
3.性別適合手術を行った病院からの手術証明書(外国語の場合は日本語翻訳したものを提出します)
4.戸籍謄本(出生から現在までが記されているもの)1通
5.住民票1通
6.収入印紙 800円分
7.切手 500円×3/80円×10/10円×5枚

*注意

戸籍謄本は『出生から現在までが記載されているもの』が必要になります。

分籍したり転籍した場合は複数取り寄せなければならない場合もあるので、

戸籍謄本を請求する場合は役所で『出生してから今までのことが記載されているものが欲しい』と伝えてください。

転籍・分籍が多い場合は改製原戸籍謄本や除籍謄本等が必要になる場合もあり集めるのに時間がかかるので手続きは早めに済ませましょう。

 

 *性別の取扱いの変更審判申立書に書いた内容

『申立ての実情』

・自分の性別に違和感を持っていることと、それを自覚した時期

・性同一性障害GIDと診断されたこと及び、その診断をした病院や通院暦

・性同一性障害GIDを理由にホルモン療法をしていること、及びその期間

・同理由で性別適合手術をしたとこと、及びそれをした病院名と時期

・これらの裏づけとして医師から診断書を添付していること

・現在男性として生活していること

・親や友人なども男性として生活しているのを知っており周囲に混乱を招かないこと

・名前も男性と認識されるものに改名済みということ

・しかし戸籍の性とは異なるので公共の場で不便があるということ

・これが原因で経済活動に支障をきたす可能性があること

・結婚もしておらず、子供もいないということ

・以上により戸籍の性別の取り扱いを女性から男性に変更することを申し立てること

以上の内容を書きました。

※通常、1stオピニオンで診断書を貰う際には

【性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律第3条第2項】という書類に

戸籍変更時に必要な項目の記入とサインをしてくれますが、あまりGIDに詳しくない精神科クリニックでは普通の診断書しか出してくれない場合があります。

その場合、裁判所に書類を提出しても【性同一性障害者の性別の取り扱いの特例に関する法律第三条第二項】【染色体検査結果】の書類を追加で要求されてしまいます。

一度、精神科から戸籍変更の為に診断書をもらったら中を確認して下さい。