最近よくお問い合わせから見積もりを送ると

「思っていたより安くて驚きました!」

という意見が多いので、それぞれの国(日本とタイ)で費用はどれくらい違うのか?

メリット、デメリットは??など比較してみました。

日本国内手術費用の相場
乳腺摘出手術550,000円〜800,000円
子宮卵巣摘出750,000円〜950,000円
乳頭縮小155,000円
ミニペニス形成(膣閉鎖・尿道延長・陰核形成・睾丸インプラント)1,380,000円
その他(検査費用/移動費/再検査/抜糸/宿泊費など)50,000円〜100,000円

※住まいと病院の距離、退院後の経過によってその他費用の額は変わります。

タイ手術費用の相場
乳腺摘出手術350,000円〜700,000円
子宮卵巣摘出280,000円〜460,000円
乳頭縮小75,000円
ミニペニス形成(膣閉鎖・尿道延長・陰核形成・睾丸インプラント)1,565,000円
アテンド料/検査/航空券/ホテル代/生活費など270,000円〜400,000円

値段の比較

日本タイ
胸(U)のみ胸(U)のみ
600,000円620,000円
子宮卵巣摘出(開腹)のみ子宮卵巣摘出(開腹)のみ
800,000円550,000円
胸・子宮卵巣同時胸・子宮卵巣同時
1,350,000円900,000円
ミニペニスミニペニス
1,480,000円1,965,000円

日本

医療ローンが組める入院設備が整っていない(入院期間が短い)
何かあった時に身内が駆け付けられる再検査・抜糸などの費用が別途かかる
移動手段の選択ができる(車、電車、バス、飛行機)タイに比べると症例数が少ない
言葉の心配がなく、自分で問い合わせが出来る予約待ちが長い

タイ

症例数が多い医療ローンが組めない
乳頭縮小を同時に受けられるアテンド会社を通す必要がある
再検査・抜糸・薬代などが手術費用に含まれる何かあった時に身内がすぐに駆け付けられない
入院設備が整っている(十分な入院日数)
※経過次第で追加料なしで入院期間延長できる
食事、外国の環境が合わない場合もある
観光も楽しむ事ができる飛行機に乗らなければならない
費用が安い(胸・子宮卵巣までの場合)
毎日のケアがあるので安心してから帰宅できる

どちらで手術を受けるのかは、患者様ご本人の決断になります。

また、タイで手術をする場合はアテンド会社を通さなければなりません。

現在は数多くのアテンド会社が存在するため、選択も難しいかもしれません。

このアテンド会社のサポートによってタイでの手術がどういうものになるのかが大きく左右されます。

「友達が利用したから」「安いから」「よくわからないから適当に」ではなく、ご自身でしっかりと問い合わせをして下さい。

過去に某会社でちゃんとした通訳が出来なかったり、知識がないせいで【終わってみたら希望していた術式じゃ無かった】といった事件もありました。

病院スタッフは患者が希望してた手術内容で手術同意書の作成をしますし、医者はその通りに執刀します。

だからこそアテンド会社が国内にいる時点で、患者さんが安心して渡航し手術を受けて、帰国ができるようにトータルサポートをしています。

なので、実際にアテンドの方とやりとりをしてから自分に「合う合わない」「信頼できる、できない」「レスポンスが早い,遅い」などを細かく見極めてください。

弊社も多くの患者様の力になれるよう頑張ります(o’∀’人)

ご予約をお待ちしております。